FC2ブログ

新型コロナウィルス感染症対策―「4月11日から5月6日迄」運営を自粛させていただきます。

本教室のホームページは、【☟クリック☟】
(奥沢・自由が丘・緑が丘・石川台)ピアノ教室
からご覧いただけます♪

日頃は本音楽教室にお通いくださいまして誠に有難うございます。

2月24日付けで厚生労働省による
「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」プラス、
政府の新型コロナウイルス対策本部を受けての
2月26日の総理大臣の「この1.2週間が感染防止にきわめて重要だ」との発言を受けて、
弊社音楽教室につきましても、3月1日から20日までのレッスンは、運営自粛をさせて頂いておりました。

その後、新型コロナウィルスー政府の専門家会議会見を確認後の3月21日からは、
感染症対策を十分に取り入れながら、レッスンの再開をさせていただきました。

しかしながら、4月7日に、政府発表―新型コロナウィルスの拡散による
「緊急事態宣言」が発令、10日には、都の休業要請等ございました。
幸いにも、本音楽教室(緑が丘、自由が丘、石川台)の床面積が100平米未満の為、
東京都の中小企業庁の方より、しかるべき換気等の対策を行えば、
継続も可能とのご説明を頂いたのですが、一人でも多くの方の命を守りたく、
本音楽教室は、東京都の要請に賛同し、4月11日から5月6日まで、
教室及び出張レッスンを含め、運営自粛させていただくことを報告いたします。
皆様とのマンツーマンレッスンに喜びを感じております我々講師陣にとっては
、レッスンの有無については、苦渋の決断となりました。
しかしながら、皆様の安全を守るための判断であることをご理解いただけますと幸いです。

再開時におきましては、事前に各指導者へ伝えてまいりますので、
直接ご確認くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

運営自粛により、本音楽教室のお通いくださいます皆様を含め、
一人でも多くの方の命が救われます事を、心からお祈り申し上げます。
くれぐれも生徒、保護者、教室の皆様、不要不急の外出をお控えいただきご自愛ください。

ピアノ教室 Friendly 管理者

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

真裕先生の写真展

本教室のホームページは、【☟クリック☟】
(奥沢・自由が丘・緑が丘・石川台)ピアノ教室
からご覧いただけます♪

本音楽教室の水曜日(石川台教室の真裕先生)が、
銀座で、写真の作品展の開催を致します。お時間ございましたら是非、銀座へお立ち寄りください。
(※わたくしは、2月13日の最終日、作品展へ向かわせていただく予定です)

●真裕先生の作品展
中欧SL文化紀行



●展示期間
2020年1月31日(金)~2月13日(木)

●展示時間
11:00~19:00

●ギャラリートーク開催のお知らせ
真裕氏によるギャラリートークを開催します。
開催日時
2020年2月8日(土) 前編 15:00〜15:35 / 後編 17:00〜17:35

●開催場所
ソニーイメージングギャラリー 銀座(銀座プレイス6階)
入場無料、事前予約不要です。
ギャラリートークは記録のために撮影する場合があります。
座席はございません。

◆東西の冷戦が終結して30年が過ぎ、
その間に東側:西側という二分された環境が徐々に薄まり、新
たに「中欧」という言葉が少しずつ浸透しました。
中欧には西側の諸国の日本でも関わりの深い国々がありますが、
まだまだ日本では知られていない文化や風景があるのも、また事実です。
今回のテーマの基礎となっているSLが被写体の写真は、
日本では「撮り鉄」の言葉が市民権を得ているように、
とても一般的な撮影分野です。しかし、
中欧地域では環境や文化、そして国民性の違い?からか、
あまりカメラを必死に向ける光景は少ないのが印象的でした。
そんな撮影に至る段階の細かな違いから、SLそのものの日本との相違点、
機関士たちの人情味あふれる表情、驚きを感じるSLの展示方法など、
日本とは一味も二味も違う鉄道の文化や風景を
撮影できる興味深い様子をぜひご覧いただきたいと考えています。

今回はポーランド、チェコ、オーストリアなどの中欧6ヵ国をとりあげ、
「人・夜・蒸気」をキーワードに、SLという被写体を通した視点から中央ヨーロッパと、
そこで走り続けるSLの魅力を少しでも感じ取っていただければ、大変嬉しく思います。

◆プロフィール
東京都在住。幼少の頃より乗り物に囲まれた環境で育つ。
学生時代、料理写真家の父より撮影の基礎を学び、
主に航空機を中心とした撮影活動を開始。専門誌の写真コンテストで受賞を重ね、
雑誌などで連載や記事の制作を行っている。桐朋女子高等学校音楽科を経て、
桐朋学園大学音楽学部を卒業後、チェコへ留学。プラハ音楽院を修了。
チェコ留学中の2014年に公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)の審査に合格し、
正会員に在籍中。また、演奏活動ではピアノ・デュオの研究に力を入れ、
国内各地のコンクールで優秀な成績を収めるほか、
企画公募の選定でも多くの実例を持ち、演奏と企画の双方で実績を重ねている。

2016年に全国発売したデビューCD【スメタナ作曲:連作交響詩「わが祖国」全曲
(作曲者自身によるピアノ連弾版)】は、レコード芸術誌などで高い評価を受けたことをきっかけに、
写真と音楽の視点で中央ヨーロッパを中心とした文化や芸術を関連付けて紹介、
発信する活動を本格的に始める。
昨年10月には2作目のCD【ドヴォルザーク:後期三大交響曲(同ピアノ連弾版)】
を全国発売し、デビューCDと並び高い評価を得ている。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

自由が丘 ピアノ教室ー演奏会ドレス

本教室のホームページは、【☟クリック☟】
(奥沢・自由が丘・緑が丘・石川台)ピアノ教室
からご覧いただけます♪

今日は音楽会があり、音大時代からの友達がオペラアリアを歌いに来てくれました。
さて、写真はその時に友達が着用したドレスです。

加並先生2

すごく素敵ですよね!
今のこの季節、2月はまだまだ冷え込みますが、
何か春の予感を感じさせるような桜色です。
しかも○○年前に購入したドレス、しっかり体型維持して着れていました!
さすがです…

華やかなオペラの世界は総合芸術と言われますが、
衣装は美術的な要素で、視覚的にも楽しむことができますね。
ですので、衣装選びは観る人達を楽しませる、大切なものでもあります☆

教室での発表会なども、曲によって衣装選びをする、というのも楽しいかもしれません。
「こんなドレス着て演奏してみたいなぁ。」と、
衣装をキッカケに音楽に興味をもってみてもいいですね。

ぜひ、色んな形で音楽を楽しんでいってほしいなと思います(o^^o)

声楽 リトミック ピアノ指導 木曜日、土曜日
自由が丘教室 加並先生のコラム

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

緑が丘教室の絵里子先生ーウィーンのお話等レッスンの際、話をしてみませんか?

本教室のホームページは、【☟クリック☟】
(奥沢・自由が丘・緑が丘・石川台)ピアノ教室
からご覧いただけます♪

こんにちは。
しばらくウィーンの話題ばかりでしたので、今回は少し違う話題を取り上げることにします。

皆さんご存じの童謡「アルプス一万尺」。
「ヤンキー・ドゥードゥル」の名前で、ピアノ教本にもよく載っている曲のひとつです。

1番の歌詞に「小槍の上で」とありますが、何のことだかご存じでしょうか。
私はつい先日NHKのとある番組で知ったのですが、
飛騨山脈の中央に位置する槍ヶ岳(3180m)のすぐ隣に「小槍」という岩山があり、
アルプス一万尺の1番の歌詞の小槍はこの岩山を指すそうなのです。
私はそれまでずっとヨーロッパのアルプス山脈のことだと思っていたので驚きでした。

しかしこの標高3030mの小槍、ロッククライミングでなければ
登れない非常に尖った形の岩ですので、その上で「ラーンラランラン♪」
と踊ることはとてもできそうにないですね…。

絵里子先生

原曲の「ヤンキー・ドゥードゥル」はアメリカ独立戦争の際の愛国歌で、
現在コネチカット州の州歌にもなっています。しかし、
起源については諸説あるものの、
もともとイギリス軍が植民地のアメリカ軍を揶揄する歌だったというのですから、
皮肉なものですね。

今度「アルプス一万尺」を歌う、あるいは弾くときには、
ぜひ「日本アルプス」の壮大な景観を思い浮かべてみて下さい!

(出典: ウィキペディア)

緑が丘教室 金曜日 
15:00-16:30、18:00-21:00


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

     
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.

リンク
ピアノ教室Friendly
QR