ピアノのレッスン回数の変更について

先日朝日新聞の記事に以下の内容が掲載されておりました

「この少子化である昨今の高学歴志向は、
少しでもステータスの高い大学にいれたいと親達は、
習い事教室をやめさせて塾通いをすすめる。
音楽には精神的価値と生理的価値というものがある。
音楽を愛して生きていく事とは、音楽感動から
えられる全人的体験が生涯生かされていくものであり
そのような人間形成の基となる上層教育を与えたいとした
親の理念が、あったはずだ。
思春期の子供たちにとって受験勉強などは
ともすれば、大変なストレスと共に心に不安をかかえ
生活することになる。
こうした時期だからこそ頭や体が疲れたときなどは
自分の好きな曲をピアノで弾いたりそれにあわせて
歌を歌ったりして楽しむことが出来れば
どんなにか心の緊張がとれ、次の学習への
意欲に大きな効果をもたらせることはいうまでもない。
音楽とはこうした状況下にこそ、活用すべきだと思う。
なぜなら音楽は人間が神様から、おくられた最も美しい
ものの一つで、あるのだから。」

中学受験を控えておりました自分をふと思い出してみると
確かに好きなピアノを一時期やめたからといって
その分勉強に集中したようには思えない。
むしろ疲れたときほど、リラックスをさせるために
ピアノに向き合いたいといった気持ちが生じていたことを
覚えております
           ♪child8_03_01
           お習い事の継続は大変だけれど、その先の長い人生を
           考えると、受験期という厳しい時期を乗り越えた先には
           楽しさがあると思うのです

私は教室の生徒さん方々に、忙しい時期はレッスン回数を
月3回から月2回、または月1回へと減らしたりなどしながらでも
長期的に続けていただき、「勉学」や「お仕事」&「音楽」との両立をし
音楽を愛する心をいつまでも持ち続けていただきたいと
思っております

美しい音楽という贈り物を、豊かな人生の設計を描くために
お節介だけれど、少し付け加えられたらよろしいかな・・と
改めて思いました。

ピアノ担当講師 陽子

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ご納得の出来る先生選び

教室レッスン、出張レッスンのご入会までの流れ

当教室におきましては月曜~金曜日、日曜日までレッスンを行っており
各曜日毎に担当の専任講師が決まっており、桐朋または海外の大学を
卒業している者で指導させて頂いております。

出張レッスンをご希望されます方につきましてもご面談は
教室にて行わせて頂いております。
ご自宅に伺うということもあり、皆様側にとっても私共にとっても
面識のないものが、いきなり個人宅に伺うというリスクを回避する為
ご面倒でもご協力くださいませ。
  
1.当教室における生徒さんと講師のコーディネートについて
 
基本的には体験レッスンは行っておりませんが
下記項目のどちらかを初めにご選択いただいております。
まずは”お問い合わせフォーム”をご記入の際に
①ご面談②ご面談+正規レッスン1コマ(有料)をお選びくださいませ。

私のほうで、皆様のご希望レッスンおよび時間帯と
今現在のお教室の空きを照らしあわせていただいた上で
お返事を出させて頂いております。
(お問い合わせフォームをご記入の際にはメールアドレスおよび
ご連絡可能なお電話番号の記載のご確認をお願いもうしあげます)

①ご面談
  曜日担当レッスン講師の空き時間にお子様とご父兄様とご一緒に
  お越しいただくようになり、小学生以下の方は保護者同伴で 
  必ずお願いいたします。
  ご面談では、一曲を楽しく弾けるようになりたい、○○音大を受験したい、
  息長く趣味としてやりたい、お子様の情操教育として習わせたい
  そういったご希望をお話いただき、それに対して
  講師の今後のレッスンの流れや方針をお話させていただきます。
  
  ピアノをお習いになられます際に目的を生徒さんと講師間で
  把握することーこれは大切な事だと思います。
  ご趣味である場合には、生徒さんの生活スタイルや学校の状況にあわせて
  レッスン時間なども調整を行ったり、目的をもてるよう
  練習会や発表会などの節目になるような場を提供したりしております。

  音楽高校、大学をご専門に考えていらっしゃる場合には、
  練習量や練習時間また、教室レッスンのお時間も目的にあわせて
  費やしていかなければなりません。

  ご面談ではそういったお話をお子様とも含め講師としっかりと
  話し合って頂くお時間となります。

②ご面談+正規レッスン1コマ(有料)
  担当レッスン講師の空き時間に実際のレッスンを
  受講して頂き、こちらは1回分の受講料をお支払いいただくようになります。
  
  正規のレッスンを皆様方に受講していただくことによって
  担当講師とのご相性もしっかりと見極めて頂きたいということ、
  私達指導者も正規レッスンと同様真剣なレッスンをさせて頂くため
  あえて通常の料金で体験レッスンを受講して頂いております。
 
2.ご入会金について
  
当教室ではご面談日(①ご面談 or ②ご面談+正規レッスン1コマ(有料))
から翌月末までは『お試し期間』として
ご入会金を頂いておりません。
(但し入会金以外のレッスン料はお月謝として頂いております)

『お試し期間』内に、面談やレッスン内容等ご納得をして頂いた場合には
『お試し期間』終了日までに、今後のレッスンをどうされますかを
講師に直接か又は
ピアノ教室 Friendly宛にその旨ご連絡くださいませ。

ご入会とご判断されました場合には
『お試し期間』終了後の『翌月、最初のレッスン日』に
『ご入会金』と『ご連絡先を記載頂く用紙』をもって
ご入会の完了となります。

(例)H20年4月10日→お問い合わせ
   H20年4月15日→ご面談日
             (①ご面談 or ②ご面談+正規レッスン1コマ(有料))
   H20年4月15日~H20年5月31日→『お試し期間』中
   H20年6月1日 →『最初のレッスン日』に
              『ご入会金』と『ご連絡先を記載頂く用紙』をもって
              ご入会の完了となります。
          
 (※お試し期間は担当講師とのご相性もしっかりと見極めて頂く期間にもなります。)   

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

月曜日のピアノの講師紹介および空き情報のご案内♪

花粉症、今年も花粉の季節がやってまいりましたが
皆様はいかがでしょうか

さてこの度当教室に、月曜日の教室レッスンおよび
土曜日の出張レッスン
可能な
ピアノのとても素敵な講師が新しく加わりましたので
ご紹介をさせていただきたいと思います

~梨美講師~

教室レッスン月曜日教室レッスン担当
札幌市出身。三歳よりピアノを始める。
幼稚園から高校卒業まで
「桐朋学園付属子どものための音楽教室」でピアノを学び
桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業
桐朋学園大学大学院音楽研究科ピアノ専攻卒業
『ラフマニノフ〈練習曲集音の絵〉(op.33)の研究』の修士論文をもって修了

☆2005年日本演奏家ロマン派コンクールで入選、
同年に、入選・受賞者コンサートに出演。
☆『蒼きMUSEの森コンサート』において、二台ピアノ及び、ソロ演奏で出演。
☆2006年、第三回北本ピアノコンクールで入選。
☆2004年にはチェコのプラハ、2006年にはドイツのライプツィヒでの
 ユーロミュージックフェスティバルに参加。
☆富山において、3回のリサイタルを開催。
※世田谷区仙川駅在住 出張レッスンは都内でしたら可能

「今後お子様方々をはじめ
大人の方にも、音楽の素晴らしさを伝えていきたい。
演奏活動もしていきたいですが、ですが指導の方が
より関心がございます
桐朋学園付属子どものための音楽教室で得たレッスン方法を是非
皆様にも伝えていきたいと思います」と
笑顔で語ってくれました。
(※月曜日は今現在15時17時~17時半~のご紹介が可能でございます
 
♪child8_03_01


★当教室へご興味・ご関心がございましたら
♪お問い合わせフォーム♪
によるご連絡お待ち申し上げております。

 border=

受信後こちらからメールにてお返事致します。
 

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.