筑駒・開成、合格おめでとう!!

  筑駒(筑波大学附属駒場中学校・高等学校)・開成、合格おめでとう! 



中学受験をされた、H.U君
先日、レッスンの際に、お教室へ、合格のお知らせをお伝えにしに、わざわざ、
お母様とご一緒に、来てくれました
お子様の合格、自分のことのように嬉しく、感動して報告を聞かせていただきました
そのうえ、お母様からの言葉「ピアノを習い、私との出会い、そして
発表会の経験、様々のことが今回の合格にもつながったと思います」といった
メッセージにも感動をいたしました
教室のレッスンが少しでもお子様の受験のサポートになっていたとすれば
このうえない喜びです。

お子様は、ピアノのレッスンといった視点から申し上げると
集中力があり、そして素直に話を聞く。
記譜も非常に丁寧で、四分音符を例えにとると、棒や丸の塗りつぶしも
きちんと書いてくる。
塗り方ひとつにおいても、そのお子様の性格って現れ出るもので
しっかりとした音符を、こちらが申し上げた通りに、綺麗にかいてくるお子様でした。
ピアノ指導者からの立場からみても、学力において、恐らく出来るお子様だろうと
出会い当初から思っておりました

お子様とのレッスンでの歴史を振り返っても
今回の結果は信じておりましたといっても過言ではありません。
音楽を通して、さらに集中力を培ってくれた、頑張る気持ちをもってくれたとすれば
本当に講師冥利につきます。

今後は月一回のレッスンで、また、ピアノをお続けくださるとのこと。
彼の成長ぶりを目の当たりにしながら、共にレッスンに励んでいきたいと思っております
そして、お子様にとって、音楽のレッスンが、少しでも
今後の人生において、意味のあるもの、より豊かなものとなりますように、
工夫をしながら、これからのレッスンをお子様とご一緒に
進んでまいりたいと思っております

ご家族様の方もお疲れまでございました

ピアノ指導者コラム・陽子(声楽・バイオリン・出張レッスン可)

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

2歳のお子様の指導についてー奥沢教室土曜日ピアノレッスン担当ー知佳講師

 奥沢教室で、現在、土曜日、ピアノの指導をさせていただいております知佳です。
さて、最近では、2歳のお子様のいらっしゃるお母様から、お教室へ、個人レッスンの
お申し込みでお問い合わせを多くいただいておりますようです。
そして、私の生徒さんの中にも、2歳のお子様がいらっしゃいますので、
実際には、どのようなレッスンを行っておりますかを、皆様にお知りいただけますように
本日はコラムをかかせていただきたく存じます

 先日、そして今日と2歳のお子様がピアノマンツーマン体験レッスンにお越しくださいました

2歳という年齢から、いきなりピアノの実技に入るのではなく、
リトミックの要素を含んだお遊戯のようなレッスンから始めて行きました。

私のレッスンでは、
1.「リズム感や拍感を身体で感じられる」
2.「聴いた音に反応して自分で動ける」
3.「集中力を付ける」
という3点を目標とし、どんどん先に進むというレッスンではなく、
ひとつひとつの課題をゆっくり吸収していけるように行いました

 生徒さんの興味のある方向や性格によりレッスン内容は変わってはくるのですが、
しかしながら、内容としては、「ピアノで鳴った音の高低を聞き分けて身体を動かす」等の
音の判別、「音が鳴っている時に動いたり、楽器を鳴らし、音が止んだら止まる」等の音への反応、
「言葉のイントネーションに合わせたリズムを叩いて見て、それを言いながら反復する」等
行いました

また、マンツーマンレッスンということで、講師がピアノを弾いているため、
お手本は保護者様にしていただいております。
お母様と一緒に遊んでいるような感覚で、レッスンという感覚ではなく、
「楽しい」と、お子様に、感じていただけたら、一番良いと思います。
もちろん初めてのレッスン時は、やはり人見知りと場所見知りをしてしまい
お母様から離れることが出来ない生徒さんもいらっしゃいますが、
ピアノを弾くとふっと聴き入ったり、鈴やマラカスを振って見せると積極的に触ったり
笑顔を見せてくれます

レッスンの途中には鍵盤を触る時間を作り、黒鍵、白鍵それぞれを探して触ったり、
高い音から低い音までどこを叩いたらどんな音が出るかを体験し、
たくさん押すとどんな音か、一つだけだとどんな音が、大きい音、小さい音、等
色々な音が出るということを知っていただきました

グループリトミックに興味がおありの生徒さんも、
お子様がピアノを積極的に触りに行くのをご覧になり、実技に移行していき易いという点では
2歳でも、個人レッスンの良さを感じていただけたのではないかなと思います。

これからも、奥沢教室で、たくさんのお子様から大人の方まで
音楽を通じて、皆様と、心のコミュニケーションが出来ればいいな
思っております

これからも精一杯指導をつとめさせていただきますので
どうぞよろしくお願い申し上げます

奥沢教室ー土曜日ピアノレッスン指導担当ー知佳講師
(知佳講師/3歳より桐朋学園大学付属「子どものための音楽教室」に学び、ピアノを始める。
桐朋女子高等学校ピアノ科を経て桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒業)

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

子どもから学び・親から学ぶー目黒区 世田谷区 ピアノ教室friendly奥沢 自由が丘(バイオリン 声楽 出張レッスン指導可)

ある時、子どもが机においてある楽譜の表紙の絵を見て、
「綺麗、音と同じ感じ」とつぶやきました
布巾をかけてある茶器を見て、「今、お茶碗は眠ってるね」と
つぶやきました。

その表現のかわいらしさに思わず、その子を抱きしめてしまいました
このように、私たち大人が忘れてしまった感性を
子どもたちが呼び起こしてくれることがあります

講師と言う立場に立つと、どうしても、対象者である子どもに対して、
「教える」という上から目線になりがちです。
若いほど、気負いがあって、自分のペースで教えようと意気込み、
子どもと意思疎通が図れない時があります
そういうかかわりの中で、「ああ、そうか、その子にはその子のペースがあるんだ」
ということを学びます
実はそのことが、一般の社会人とのお付き合いの中でも役に立つのです

また、風邪で声が出ない時、小さな声で伝えると、
子どももいつもより、小さな声で答えてきます。
そのことで、普段、いかに自分が必要以上に大きな声を出していたのかに
気づかされるのです


【東雪谷教室の2・3歳児の日曜日英語リトミックの様子より】

ある時、こどもの目線になって話そうと、しゃがんでみると、
何と、子どももしゃがんだのです
思わず苦笑してしまいましたが、子どもは大人をモデルとして、
大人のやることは間違いないと思っているのかもしれません

そんなことを考えると、物の置き方、渡し方、楽譜のめくり方などにも
気を配らなければと思いました

こんな風に私たち講師陣も、お子さまから多くのことを学んでいます
また、お母様たちのお子さまへの接し方などを通して、
子どもとの接し方を学ばさせていただくこともあります
また、お母様方との会話を通して、一般社会の話題などを知ることもあります

それぞれの立場を尊重しあいながら、お互いに学び合う関係でいたいと思います

目黒区 世田谷区 ピアノ教室friendly奥沢 自由が丘(バイオリン 声楽 出張レッスン指導可)

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

英語でのレッスン可ー奥沢教室金曜日、自由が丘教室日曜日に、ピアノ指導をさせていただきます

 今まで自由が丘教室で、大人の方のレッスン月1で
ピアノの指導をさせていただいておりました祥子講師が、
今年の2月より、奥沢教室では金曜日、自由が丘教室では日曜日の午後に
ピアノの指導をさせていただくことになりましたので、あらためて
下記にご紹介をさせていただきます。

既に、祥子講師のレッスンをお受けくださいました方々より
「表現力、テクニック、そして英語でのレッスンが楽しい
何よりも、お人柄が素敵でした」といったお声をいただいております

現在、英語でピアノのレッスンを受講くださっております大人の方では
お教室へおはいりいただくインターホンより、「Please come in」といった
講師の第一声からはじまり、日常の連絡もすべて英語で、講師が対応させていただいております。

奥沢教室金曜日は、今週末に、体験レッスンにお越しくださいます方々次第では
14時~20時まで、空きがなくなる可能性がございまして、もしも
お引き受けさせていただくといたしましたら
12時~14時までの2歳・3歳未就学児のお子様、または大人の方のレッスンを
喜んで対応させていただきたくようになります。(リトミック指導/日本語・英語両方可)

また、自由が丘教室日曜日は、現在は16時45分~17時15分、17時15分~18時の
2枠でございましたら、御紹介が可能となります。

ご興味・ご関心のございます方、是非とも祥子講師の英語レッスンに
一度ご体験にお越しくださいませ。

祥子 講師/英語レッスン可:奥沢教室金曜日終日:自由が丘教室日曜日午後ピアノ指導講師

ボストン時代、リトミックの授業も履修しており、幼児から大人の方まで
クラシックは勿論、ジャズ、ポピュラーの指導も可能な講師でございます。
英語リトミックの指導も可能。全てのジャンルが英語での指導可
2009年TOEIC910点、TOEIC Speaking and Writing (SW) Test満点

北鎌倉女子学園高等学校音楽科を経て東京藝術大学器楽科入学。
東京藝術大学卒業後2002年9月ボストン・ロンジー音楽院大学院(修士)課程に
リリー・デュモン奨学金を得て入学。
2005年5月同音楽院首席卒業。
祥子講師についての詳細は、こちらをご参照くださいませ
!祥子講師DSC_1648 

目黒区 世田谷区 ピアノ教室friendly奥沢 自由が丘(バイオリン 声楽指導可)

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

今年の2月6日、ピアノ、バイオリン、声楽の生徒さんによる発表会がございました☆

 先週の日曜日2月6日は、当教室の発表会がございました。
東京都目黒区、世田谷区、大田区、そして品川区、その他広範囲にわたって
沢山の生徒さんと保護者様、その他、お友達の方が、発表会を見にご来場くださいました。
お忙しい中、お立ち寄りくださいまして、有難うございます。
改めて心より厚くお礼を申し上げます。



 どのお子様も、演奏をする前は、楽屋で緊張をなさっていましたが
演奏が終わると表情が一変し、和らいだ表情にうつりかわっていきます。
特に小さなお子様ですが、あの、広い舞台に、一人で舞台裏から楽器のある方向へ向かって歩き
堂々とお辞儀をし、演奏終了後は、自分の足でしっかりと歩きながら
舞台裏にむかってくるシーンは、何回、何十回、何百回みても、胸が熱くなりました。

普段お勉強でお忙しい小学生、中学生、高校生、大学生、そして
お仕事をなさっている社会人、お父様、お母様の御出演もございましたが
演奏をなさっている皆様のお姿は、生き生きとされ、輝いていらっしゃり
私共もとても感動をしてしまいました。
あらためて、発表会を通して、得るものは大きいと感じた1日でございました。

 さて発表会には、私が日頃、子ども達の指導や幼児教育において、相談をさせていただいたいり
助言をいただいたりと、大変お世話になっております大学院の教授が、
ホールにお越しくださいましたようで、下記メールを本日教室宛にいただきました。
大変嬉しい内容で、また、先日の模様も、事細かくお書き下さっておりましたので
あらためて皆様に、御紹介をさせていただきたく存じます。



 以前から、フレンドリー音楽教室の運営方針に注目していました。
HPに示されている「理念」にも共感する部分が多くあります。
そんな縁で、今回初めて、フレンドリーの「発表会」を見学させていただきました。
駆け足で見た感じですが、その時に感じたことを少しここに書かせていただきたいと思います。
(音楽に関しては、全くの素人ですから、的外れと指摘されるのを覚悟の上で書かせていただきます。)

 まず、最初に感じたことの一つに、子どもたちの「緊張感と達成感」に関してです。
演奏を終えて、舞台の中央に進み出て、観客に向かって頭をさげますが、頭をあげた瞬間に、
多くの子どもたちが、肩をも揺らしながら、「ふうっ」と大きなため息をつくのです。
この仕種を見ただけでも、大勢の前で演奏することに対する緊張感と
その緊張からの解放感が伝わってきます。
その様子からみると、頭を下げて挨拶が終わるまでが自分の出番であるということを自覚していることを
感じます。その一連の動きに子どもらしい素直さを感じました。
恐らく、舞台中央から、挨拶を終えて楽屋に戻るまでの間、心の中には、安堵感、達成感が
渦巻いているのではないかと思いました。
あの息を吐いた瞬間の子どもらしいけなげな姿に胸が熱くなるのは、
親御さんだけでないような気がします。少し、理屈っぽくいうと、
このような、緊張感と達成感を味わうことによって、子どもは少しずつ大人の階段をのぼります。
「発表会」という緊張の場をもつことは、そこまでのプロセスを含めてとても意義のあることで、
必ず将来にいきてきます。

 次に、感じたことは、保護者の方を含め、会場にいる皆さんのマナーのよさです。
今、全国どこでも、コンサート会場に限らず、人が集まる場での、観客のマナーの悪さに、
主催者は頭を悩ませています。ある舞台俳優が、「今のお客さんはお行儀が悪い」と発言していました。
私も幾つか、会場でそうした光景に遭遇しています。
しかし、今回、演奏中はもちろん、入場を待つロビーでも大声を出したり、
走り回る姿、携帯で大声で話す人もなく、落ち着いた雰囲気でした。
つまり、そこはかとなく、そこに集う方々の品というか、品格を感じました。
当たり前のことが当たり前にできることが実はとても大事なんだと改めて思った次第です。

 次に、お子さんが演奏するだけではなく、「家族演奏」というプログラムがあったことに
感心しました。本来、音楽教室に通うにも、家で練習するにも、家族の協力と理解なしには
不可能なことです。家族それぞれが忙しい中、練習時間を設け、こうして舞台で発表できるのは
素晴らしいことです。一緒に演奏されている姿に微笑ましさを感じました。
家族で一つの目標に向かって努力する、その集大成としての発表であり、
こうした経験は子ども心にかけがえのない思い出として焼きつきます。
御家族の皆様の日頃の努力を感じると同時に、数多いプログラムの中にこうした企画を組み込まれた
主催者の配慮も素晴らしいと思いました。

 最後に「講師演奏」がありました。講師の方々、皆さんがカクテルドレスに
着替えられて演奏されていましたが、このことは、見ている子どもたちにとって、
非常に意味のあることです。子ども心に、自分も大きくなったら、あんな風に盛装して、
上手に弾ける様になりたいという気持ちを持たせるのです。
つまり、講師は、子どもにとって、憧れ、モデルでなければいけないのです。
180近い演奏を指導しながら、自らも舞台に立つ大変さと意気込みに拍手したい思いです。

 音楽教室は、子ども、保護者、講師が三位一体となって取り組むことで効果が上がるものです。

 子ども、保護者、講師が一体となっていると感じた場面ですが、
最後に写真を撮る場面で、子どもを並ばせたり、物を動かすという作業に対して、
誰からということもなく、お父様方がお手伝いをし、準備をして下さっている姿に
そのことを感じました。そうしたことが普通にできる一体感とそれを支える教室の雰囲気、
講師の雰囲気を感じました。

 日頃から、コラム等で教室としての姿勢を示している通り、「音楽教室」が、
単に演奏技術、楽譜の読み方を教えるだけではなく、情操、道徳、規範意識をも
育てる場であってほしいと思うのです。
そういう意味でもこの教室の運営方針にはこれからも注目していきます。 
今回は、多くのことを学ばせていただきました。
心から感謝をいたします。
ありがとうございました。



 普段、人との関わりの中で、もっとも大事にしていきたいことは
相手の心を思いやるということです。
一番大事にしているものを断りなく真似たり、仁義的に許されないことをする人も、
出会いの中にはありますが、しかしながら、私は、人として、実直に、
なおかつ、道徳意識をもちながら、子ども達のお手本となるように生きていきたいと思っております。
また、子ども達の指導をする上でも、「心」を大切にしながら、
指導に励んでいきたい、そう大人が子ども達と接していくことが
おのずと子どもの成長にも良き影響へと発展していくのでははいかと
考えております。

当教室の理念を、今現在、本教室に在籍しております講師陣と力を
あわせながら、これからも、温かい音楽教室作りに励んでまいりたいと
思っております。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

目黒区 世田谷区 ピアノ教室Friendly 奥沢・自由が丘(バイオリン、声楽指導可)
ピアノ指導講師ー陽子

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

当教室にお問い合わせをくださいます皆様方へー気持ちをこめて

 皆様からのお問い合わせフォーマットを大変嬉しく拝読させていただいております。
さて、当教室と同じ作りのサイトがございますようですが、
本教室ピアノは、桐朋・東京藝大・東京音大演奏家コースの講師陣で指導をさせていただいており
サイト名に「桐友会」と、お間違いのないように、つけさせていただいております。

 発表会終了後も、現在、在籍いたしております当教室の講師陣で、
理念をもって、皆様の指導をさせていただきますので、皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載をお断りをいたします。
Copyright 2007 Friendly piano school. All Rights Reserved.

                 

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

奥沢教室の金曜日ピアノのレッスンが、英語レッスン可能になりました☆

「エトリンゲンの教会の鐘の音を聴きながら」
          金曜日奥沢教室レッスン担当:祥子講師

 フランクフルト駅から急行列車で南へ約2時間下った
ところに位置する小さな街エトリンゲンは、
のどかなドイツの空気が静かに流れ、時を刻む教会の鐘の音が、
より静寂さを際立たせていました。

私が東京藝術大学に在学中のこと。

参加したエトリンゲン国際青少年ピアノコンクールが行われたホールは、
丸い天井と、壁一面に宗教画が描かれていて、
まるでルネサンス時代にタイムスリップしたかのようでした。

私の受けたカテゴリーには、189人の中からテープ審査に合格した49人が参加しました。
世界中からの同世代の演奏を聴き、国際コンクールならではの収穫を得ることができたと同時に、
その後の私の音楽に対する考え方を変えてくれました

それは、それぞれの国の風土・言語の響きとイントネーションによって、
音楽性は違ってくるのではないか、ということです。

その日から、ボストンに留学した際も、常に考えさせてくれることになる、
今まで学んできた「音楽」という概念をより刺激する、大変有意義な機会でした

私も日本人としての誇りを持ちつつ、彼らの良いところを吸収し、
より豊かな音楽性を身につけたら、またそれを一人で
も多くの方に伝授していけたらと思います



祥子 講師/英語レッスン可:奥沢教室金曜日終日:自由が丘教室日曜日午後ピアノ指導講師

今年の2月より、奥沢教室では金曜日終日、自由が丘教室では日曜日の午後
祥子講師がピアノの指導をさせていただくことになりました。
ボストン時代、リトミックの授業も履修しており、幼児から大人の方まで
クラシックは勿論、ジャズ、ポピュラーの指導も可能な講師でございます。
英語リトミックの指導も可能。全てのジャンルが英語での指導可
2009年TOEIC910点、TOEIC Speaking and Writing (SW) Test満点

北鎌倉女子学園高等学校音楽科を経て東京藝術大学器楽科入学。
東京藝術大学卒業後2002年9月ボストン・ロンジー音楽院大学院(修士)課程に
リリー・デュモン奨学金を得て入学。
2005年5月同音楽院首席卒業。
祥子講師についての詳細は、こちらをご参照くださいませ
!祥子講師DSC_1648 

※金曜日の現在のご紹介可能時間枠は13時~、14時~、19時半~
※日曜日の現在のご紹介可能時間枠は16時半~月1回、17時半~月1回
※月1レッスンから承ります。

目黒区 世田谷区 ピアノ教室friendly奥沢 自由が丘(バイオリン 声楽指導可)

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.