進学校でのピアノの授業について

先日、ピアノを弾くことが脳の活性化に役立つので小学校でピアノの授業を
導入してはなどと書きましたが、小学校ではありませんが、
中学校で、クラス人数分の電子ピアノを用意して授業に導入している学校が
ありました

なんと、あの、、開成です

音楽の理論からはじまって、全員が鍵盤を触りながら授業を受け、
中2には作曲ができるようになるまでを目指して授業を行っているそうです。

中3ではギターまで習うそうで、開成の生徒はピアノとギターが弾けるようになり、
『ただ、勉強ができるだけではなく、卒業後の人生も豊かになり、
将来は、海外の方とのコミュニケーションでも、
引けをとらない交流ができるように』といった配慮の意味もこめられているそうです

ちなみにその他の進学校でも、音楽や美術を通し生徒の人間性を豊かにするために、
中1で「情」・中2で「意」・中3で「知」の力を育てることを目標とされているところも
ありました

ピアノを弾くことは、脳の活性化においても学力をUPさせ、
芸術に携わることは人生においてもより豊かになるように思われます。
勿論「豊かになる」と思えるには、時間もかかり、辛くそして苦しい時期も
たくさんあると思いますが、乗り越えた先には、大きな喜びがある。

芸術は、方程式のように、きちんとした数字として答えは出ないし
追求すれば追求するほど、わかならくなってしまうときもある。
特にピアノの練習ですと、1時間でも2時間でも、「1小節」を演奏するのに
「あーでもない、こーでもない」と、時間を費やしてしまうこともある。

でも、「勉強をしなければならないことが身近にあること」は
「幸せなこと」だと私は、感じます。

ピアノの指導を通して、一つのものを粘り強く続けていくことの大切さを伝えていくことと
同時に、感性を身につけ、生徒の皆様の人生がより豊かになるお手伝いが当教室の
講師陣で微力ながらできれば大変嬉しい限りでございます。



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.