大人の方とのピアノレッスンを通して

先日大人の方のレッスンをさせていただいておりました際に
心に染みた言葉

「プライベートでいろいろあり、ピアノも続けられそうにないかもと
一瞬退会も考えたけれど、でも、もしいつかまた、ピアノを再開したいと
思いましたとき、先生とコンタクトが取れないと、それこそ困ってしまうので
何とか頑張り続け、今にいたります」と、おっしゃっていただきました

嬉しいことに開設以来ずっとお教室にお通いくださっております

その方がより楽しく曲を弾けるようになるには、どういったところを強化すべきであろうかと
練習方法のアドバイスをさせていただいておりますが
レッスンにおいて最も大切なことは、「曲を仕上げる」という前に、その方との絆を深め
人間関係を築くことも重要であるように思えます

なぜならば、演奏表現は、その方自身の「心の現れ」でもあるから

そのときの演奏を聞かせていただくことによって、
テクニカル的な部分だけではなく、メンタル的な部分も充分にとりいれて、
レッスンをさせていただきたいと私は思っております

また、大人になってピアノを始めたいといった方も最近はとても多いですが
クラシックにこだわらず、まずは一度は誰もが耳にしたことがあるものを、譜読みから
一緒に学んでいき、そして曲が弾ける楽しさを味わっていただきたいなとも
思います
          

ある程度のものが仕上がりましたら、それをお教室での練習会で
披露していただきたいですし、また公式の場で演奏されたものは、
録音してCDで、ご自身の思い出の作品として残していっていただきたいです

そして皆さんにはいつか、その方自身の小さな演奏会を開けるように、分野にこだわらず
できるだけ、たくさんの曲にチャレンジをしていっていただきたいなとも思っております

今回のことを通じて感じたのは、音楽は『糸』のようなものだなということです

音楽自体は、ただの音の集まりに過ぎないかもしれませんが、作曲家の心からつむぎ出された
糸のようなものだと思うのです。その糸を使って、今度は、ピアノを弾く方や聞く方の心を
少しでも豊かに出来るようなお手伝いをすることが指導者としての役割なのかなと
改めて感じました



火曜日の講師コラムより

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.