音のある生活、音楽の世界―ピアノ講師という立場から

普段、私たちは、無音の中で生活ということは、
ほとんどないと言ってもいいのではないでしょうか
どこかお店に行けば、BGMが流れていて、静かな森林の中にいても、
風の音や葉のこすれる音などが聞こえ、また、エレベーターに乗れば、
機械的な音も聞こえたりします。水の中でさえ、音を聞くことができます
どんなに静かな部屋に1人でいても、耳をすませば心臓の音さえ聞こえてくるでしょう

~音のある世界~その中で、私たちはみな、生きています。

2007_0909東雪谷・洗足池・ピアノ運び0033
                  (洗足池)

私は、音という広い世界を、音楽、ピアノを通じて1人でも多くの人、
そして少しでもより深く知っていただきたく、ピアノ講師という立場を借りています

音を奏でる楽器って、たくさんありますよね。
ヴァイオリン、オーボエ、フルート、トランペット、ハープ・・・。
それぞれ、みんな違う音色を奏でます。
また、一つの楽器から、多くの種類の音を表現することもできます。
音の大きさはもちろん、やわらかい音、かたい音、おどけた音、かなしい音など・・・
私たちはそういったものを音色(おんしょく)と呼んでいます。
ピアノの曲に関しても、この左手の部分は、トロンボーンのイメージで、
ここの右手はフルートの綺麗な音色で・・・
といったように、オーケストラでイメージをしたりすることもあります

丸の内DSCF0965
                        (交響楽団)

音楽というものは、人の心を非常に豊かにしてくれ、想像力も養われるものだと思います
よく、「音楽は音を学ぶものではなく、音を楽しむもの」というようなことを聞きますね。
まさにそのとおりだと思います。
私はしばらく、ピアノを「勉強」という感覚で習っていました
音大受験する身なら、その感覚もとても重要ではあると思いますが、
それにしても、あまりにも「楽しむ」ということとは無縁だったのです。
しかし、ある先生と出会ったことで、ピアノの世界が広がりました
体全体を使ってピアノを弾くことや、いろいろな種類の音の出し方や、
今まで弾いたことのないような曲に出会うことができたからです。
音楽の世界って、こんなにも「自由」なんだなぁと感じたことを覚えています。



私は生徒さんにも、音楽を心から楽しんでいただきたいと思っています
そのためにも、ピアノでいえば基礎をしっかりつけてもらい、いろんな曲を知っていただく、
そして、表現する力を身につけてもらいたいです
また、音を楽しむことを、普段のなにげない生活から発見してもらえると、嬉しいです。
たとえば、「変な音が聞こえた!」でもいいし、「風の音すごい!!」など・・・。
ちょっと耳をすませば、あらゆるおもしろい音が、常に変化しながら聴くことができると思います

ピアノDSCF0757

少しでも多くの皆様に、まずは身近な音から楽しんでいただき、
そして音楽を奏でる時も楽しく表現していってもらえたらと、常々願っております


【奥沢教室ピアノレッスン梨美講師のコラム】
※現在は月曜日14時半~、19時~のレッスンのご案内が可能になります。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.