自由が丘教室ーボディパーカッション開設のお知らせー大人の方対象

去年の7月の下旬に某音楽大学にて
幼児教育(リトミック)の集中講座を受講してまいりましたが
どの授業も楽しく、とくにグループワークとして参加させていただいた
「ボディパーカッション」は印象に残っているプログラムの一つです

授業では、4人一組になりRock Trap(パーカッション四重奏)を協力をしながら
創り上げました

私のグループには、学校の音楽の先生、ピアノの先生、
養護学校の先生がいらっしゃいまして、作品を仕上げるまでの30分間、
テンポや強弱、音の出し方など話し合い、何度も練習を重ねたのですが
学校の先生ならでは、養護学校の先生ならではしか味わえない実生活においてのご経験を
通し、それが音となって表現されていたことには、まさに驚きにもつながりました

ここであらたな学びをいたしましたことは、曲の仕上がりではなく、そこにいたるまでの
プロセス(過程)がとても大切であったように思えます。
30分といった少ない時間の中でも、「この先生はこういった表現をされる方なんだ」と
表現から、その方自身の個性を感じることが出来、チームワークで創り上げていく楽しさを
体感できた気がいたします

音楽は元々、心や気持ちを伝える物としてできた物ではないかと思っていますが、
だったらみんなで楽しく体を思いっきり使って一緒に音楽を表現しませんか?
体を使って音楽しませんか?
音と音が重なりあたりかみ合ったりする楽しみを一緒に味わいませんか?

是非とも皆様に音楽を通して通じ合ったり表現したりするすばらしさを
体感してもらえればと思います。
そしてこのプログラムの楽しさを機に、より一層皆様の生活が潤ってくださればといった願いをこめて
打楽器科の麻美講師(クリックをお願いします)のご協力のもと、
この度自由が丘教室の大人向けの講座として新規開設をさせていただきました。

初回体験レッスン日は
7月29日の木曜日11時から、7月29日の木曜日13時から、
各クラスそれぞれ45分レッスンとなります。

音符が読めなくても大丈夫ございます
是非ご関心のございます方は、お知り合いの方にお声をおかけの上
お問い合わせを頂ければ幸いでございます

ボディパーカッションbodypercussionについて

bodypercussionとはその名の通り、体(body)打楽器(percussion)。
つまり、体のありとあらゆるところを使って、叩いたりこすったり飛んだりして表現する音楽です。
例えば足踏みをする人がいて、手拍子をする人がいて、指を鳴らす人がいて、、、など。
これを組み合わせてみんなでやることによって音楽が形成される訳ですね。
といってもそんなに難しいことではありません。
誰にでも簡単にできちゃうんです。ここが魅力的な部分でもあります。
足踏みの人は足を踏む、手拍子の人は手を叩く、声をだすのも立派なbody
percussionに含まれます。
そして人が集まれば集まる程楽しいのですし、同じところをたたいていも、
それぞれの方から違う音がでてきて、そこに音楽を創る楽しさ、
アンサンブルの素晴らしさがあるのです

★当教室のボディパーカッションへご興味・ご関心がございましたら
    ♪お問い合わせフォーム♪
によるご連絡お待ち申し上げております。
絵文字メールmail受信後こちらからメールにてお返事致します。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.