「ありがとう」は、魔法のことば

日本だけの風習なのかな?引っ越していく人や旅行に出かける
人に、「お餞別」を渡す習慣があります。もののほんによると
、お餞別はお返しが必要ないと記されていました
でも、何だか、旅行に出かける人にお餞別を渡すと、お土産を請求してい
るようでためらわれます。先日、そんな不遜な気持ちでからではなく、
長期海外旅行にでかけるRさんに、疲れた時にでも口に入れてという意味で、
コンビニから何種類かのチョコレートを買ってお渡ししました。
そのチョコを渡した時のRさんの嬉しそうな、明るい顔と
「ありがとう」という言葉が心に響いて忘れられません
買ってきてよかったと心の底から思いました

「ありがとう」という言葉は元々仏教用語で、あり得ないこと
が起きたことに対して感謝の気持ちを表す言葉だと言われています。

世間の人たちが皆、今生きていることに感謝し、ご飯を食べることに感謝し、
学問をさせてもらうことに感謝しながら、あちこちに「ありがとう」という心が伝わり合い、
平和でゆったりとした世界になるような気がします

今、幼稚園でも、学校でも、家庭でも、地域でも、この「ありがとう」という
言葉が足りないような気がします
例えば、幼稚園や保育園でお迎えが遅くなったら、先生に「ありがとうございました」とい
う人が何人いるでしょうか・・

           

三つ子の魂百までといいます。
まず、身近にいる大人が、ごく自然に「ありがとう」という言葉を出すことで、
子どもに向かって、何万編も「ありがとうと言いなさい」というより
はるかに効果があると思います

大人がモデルになるというのはそういう意味で、ごく当たり
前のことを当たり前のようにすることが、子どもにとっての最大のお手本になるのでは
ないかと考える今日この頃です

コラム記事:ピアノ指導講師 陽子

追記教室からのお知らせ

■11月11日木曜日11時~
桃子講師による2歳・3歳未就学児のグループソルフェージュの体験レッスンが決定いたしました。
桐朋の子どものための音楽教室出身講師が、今までの経験をいかし
レッスンをさせていただくようになります。
※ご興味・ご関心のございます方は、お問い合わせフォーマットからのご連絡を
お待ち申し上げております。

■火曜日・日曜日の午前部に加えて、新たに平日木曜日に、ピアノに加え
バイオリンのレッスンを開講させていただくことが決定いたしました。
桐朋学園大学バイオリン科卒・アムステルダム音楽院卒の英語レッスン可能な
指導経験豊富な講師による授業になります。
※ご興味・ご関心のございます方は、お問い合わせフォーマットからのご連絡を
お待ち申し上げております。

■今年度2回目の練習会は、各先生クラスごととさせていただいております。
ご担当の先生に、練習会予定については、お伺いくださいませ。

■当教室の発表会は、来年度2月6日の日曜日で決定いたしております。
過去最大の参加者となり、講師ともども大変嬉しく思っております。

これからも温かい教室作りを目指し、講師一同、皆様のお役にたてますよう
指導に励んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.