10曲も、暗譜でよく頑張ってきたね♪♪

 K大学を始めとする様々な大学で、メディアを利用した入試の不正がありました。
こうした事件に触れると、当たり前のように正直に試験に取り組んでいる人に対して
痛みをおぼえないのかという気持ちと、結果的にそこまで自分が努力してきた
ことも否定することになるのにと悲しい気持ちにも、させられます 
いつから、何のきっかけで、こうした行為に走ることになったのかと考えさせられます。
手の込んだことを考える知識、根気があるなら、もっと違った面
で活かせばいいのになと思うのは私だけでしょうか

子どもは大きくなるにつれて、知恵がついてきます。
知恵を活かす方向を間違えるとこうしたことが起きるのかもしれません
今、教室でお子さまを見ていると、どのお子さまも本当に純粋で、
「生きる」ということに一生懸命な印象を受けます
わたしたち講師陣もそうした姿に応えなければいけないと思っています
この事件のことはもちろん最近、やはり、人が生きていくうえで
大事なことは「目標をもつこと」かなと思うのです

「発表会」「音楽会」があるとそこに向けて練習を重ねます。
長期の目標であれ、短期の目標であれ、「目標」があることによって、
がんばります。但し、その結果としてうまくいかない場合もあります。
受験もまさにそうで、必ずしも望んだ結果にならない場合もあります。
しかし、その時周囲にいる大人が、結果だけで評価をせず、
頑張ってきた過程を認めてあげることが大事なのかなと思います。


 
 先日、私のクラスのHちゃんに、少し、負担過ぎるかな?
と思いながらも、楽譜の中から10曲を選んで、「暗譜」してくるという課題を出しました。
感激したことに、期日までに、10曲完璧に「暗譜」してきてくれました
しかも、私に報告をする時に、とてもいい笑顔で、楽しそうに「全部、覚えてきました
と言ったのです
10曲暗譜してきたという事実、結果も大事ですが、何より、
楽しんで取り組んできてくれたということがうれしかったのです
何事も、そうですが、音楽の場合は特に、「楽しく」かかわることが、より上達を早めるのです。
このHちゃんから伝わった感動をぜひとも皆様に伝えさせていただきたく
保護者さま、お子様の許可を得て、写真をUPさせていただきました

はるかちゃん__
         【Hちゃん、よく頑張ったね
 
教室はもちろん、おうちの中でも、まずは小さなことから目標を決めて
始めてみるのはいかがでしょうか。
その変わり、「早く」「早く」という言葉は禁句とすること
結果で、お叱りいただかないよう、ご家庭でのご協力をいただきつつ
私ども講師陣も温かく、お子様方のこれからのご成長を、保護者様とともに
見守り続けていきたいと考えております。

コラムはピアノ指導講師ー陽子【ご協力:生徒H.A.さん】

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.