ヴァイオリンの指導を通して常々思っていること-木曜日バイオリン百合講師

 毎回新しい生徒様、父兄の方にお会いするときは とても緊張しています。
皆様、ヴァイオリンという楽器に興味を持ち、一生懸命 弾きたいという思いで、
来られるからです・・・

ただ、ほかの楽器も同じだと思いますが、
ヴァイオリンという楽器は 音を出すまでがとても大変です。
お子様の場合、どうしても何かしらのジレンマにあたってしまう場合が
多く見受けられます

そのため、私に一番必要なのは 1人1人を尊重し、興味を持ちそうなことを取り入れ、
レッスンを続けていけるように サポートすることだと感じております

どうしても、人見知りをしてしまう お子様も多いのですが、
1~2か月程度レッスンを続けてみると いろいろな個性を見せてくれます。


その個性とヴァイオリンという楽器を上手に弾けるようになるということを
バランスをとりながら、なおかつ、あきらめずに続けていけるよう、
ご本人様とご父兄様、そして私というトライアングルで 頑張っていければ
と思っている今日この頃です

現在、木曜日のバイオリンレッスンは、14時半~15時、16時半~17時が
空いてございます。
ご興味のございます方は、ぜひともバイオリンの
体験レッスンにいらっしゃってくださいませ

コラムは自由が丘教室木曜日バイオリン指導ー桐朋卒ー百合講師が書かせていただきました。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.