映画ー神様のカルテをみて

 先日、友人と、嵐の櫻井くんが出ている映画
「神様のカルテ」を見てまいりました。

 信州の美しい風景と辻井伸行さんのピアノだけでも見る価値があるのですが、
それに加え、本物の医師でもある原作者の夏川草介さんならではの、
生々しい医療現場の描写,そして、なによりも、
死を迎える患者や夢をあきらめる友人への優しい目線がなによりも素敵な映画でした

 そんな感動の嵐の中で、最後に辻井さんの美しいピアノに聞き入りながら、
人への優しい目線が、あらゆる人の活動の源泉なのではないのかなどと、ぼんやりと
考えていました



 特に、私たち音楽に携わる人間は、生徒への指導や演奏を通じて、
人へ優しさを伝えていくことが本当の使命ではないのか。。
大昔の作曲家が、曲に託した様々な想いの背景にある人への優しさー
演奏を通じて、私が、この映画の中で聴いた辻井さんの曲からたくさんの優しさを感じたように、
何百年もの前から現代にわたる歴史の中で、
多くの作曲家が伝えたがっていた優しさを伝えていく事が、
音楽に携わる人間の使命ではないのかと・・・
そんなことを考えさせてくれる本当に優しさのいっぱい詰まった映画でした

お時間のございます方、ぜひ、一度、見に行ってみてはいかがでしょうか。

ピアノ指導講師コラムー陽子

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.