映画ー「手紙」を見て

 知人に「いい映画だよ」と紹介されて、
今の「メール時代」に「手紙」というタイトルに何か哀愁を感じました
。映画を観終わった瞬間、こんな感動的な映画を紹介してくれた友人に感謝しました。

 素敵なストーリーでしたので、紹介をさせていただきたいと思います。

早くに、両親を失い、ふたりだけで生きてきた貧しい兄(玉山鉄二演じる)、
と弟(山田崇之演じる)。

学歴がないために苦労した兄は、弟だけは何とか大学に出したいと
寸暇を惜しんで働くが腰を痛めて仕事を失う。
そんな兄は、せっぱ詰まって強盗に入り、誤って人を殺し、服役する。
この物語はそこから始まります。

「罪を償いたい」と思う兄との手紙のやりとりが始まる。
しかし、どこの職場で働いても、“人殺しの弟”のレッテルがつきまとう。
友人と組んだ漫才コンビはブームを巻き起こすが、それも、
「殺人犯のレッテル」で放棄せざるを得なくなる。
兄への思いは次第に、憎しみへと変わっていく。
そんな主人公の切なさが伝わってきます。。

いくつか、感動的なシーンを紹介しますと・・・

またしても、「殺人犯のレッテル」を貼られて、転勤を命じられて、
創庫で働く「弟」のところに、杉浦扮する会長が登場する。
彼の言葉は、重々しく、説得力があります。

特に、「今ここから始めるんだ」「もう始まっているんだ」という言葉は、
観る者ひとりひとりの心に響いてきます。
そして、クライマックスは、「たった一度だけ」の約束で、刑務所で、
コンビを組んでいた友人と弟が刑務所で漫才をします。
両手を合わせて、涙を流して、弟の漫才を聞く兄。
兄を見つけて、壇上から「兄はバカですから」「でも兄は兄ですから」と言う弟。
涙なしには見られない場面です。

罪を犯した兄は、その罪を悔いながら服役している。
社会の中で生きる弟は、「兄弟」というだけで、自分も犯罪者であるかのような扱いを受ける。
大好きだった兄ではあるが、次第に、刑務所から送られてくる兄からの手紙に、
怒りを感じるようになる。その苦しみが、痛いほどに伝わってきました。

 この映画の中で、「弟」をずっと見続け、夫婦となっても、「世間」と戦う沢尻えりかの演技も
良かったです。「弟」になりすまし、兄に手紙を書き続ける。
それを知って、手紙を道路に破り捨てる「弟」。車の間をかいくぐり、その手紙を拾い集める沢尻。
沢尻もまた、同じ境遇で育っていた。という風に、感度的シーン満載の映画でした。

わたくしは、「手紙」というものを通して、「人生」「生き方」「社会」「世間」とか、
様々なことを考えさせられました。
東野圭吾の原作はもちろん、脚本の素晴らしさがこの映画を支えているような気がしました。
皆さんも機会がございましたら、ぜひ、一度 タイトル「手紙}のDVDを観て下さい。
感動する場面、台詞がまた、違うかもしれません。

ピアノ指導講師ー陽子

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.