リトミックソルフェージュの指導者ー桃子先生の記事より

9月になりましたね!
空にも夏の入道雲と、秋の鱗雲が綺麗にコントラストしています。

私は4歳よりピアノをはじめました
それ以前にもピアノは家にあり、ぽろぽろ弾いていたのを記憶しています。
小さい時から楽器に触れていたからこそ、
自然に『音楽』が身近になっていたのだと思います。

私のソルフェージュレッスンではカスタネット、
タンバリンやマラカスなどはもちろんのこと、
グランドピアノにも触れる時間があります。

最初はピアノのおへその音、「ド」から。
小さいお子様は「ド」に触れるのだけでも大変です。
違う音を押したくなったり、たくさんの音を押してしまったり。



そんな時はたとえば、くま人形ちゃんが活躍します。
お子様が高い音ばかり押していたら、くまちゃんは天井高くまでジャンプます。
「そんなに高い音はくまちゃんも高く飛んじゃうね!」と音の高さを見てもらいます。
「ド」だけを弾いてもらいたい時は、くまちゃんに先に弾いてもらったりもします。

なにより自分が楽器を鳴らしている、ということの楽しさを
聴覚でも、触覚でも、そして視覚でも、感じられるようにしています。

【自由が丘教室の午前中水・木に、2歳、3歳児の指導を行っております。桃子講師のコラム】

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.