ピアノ、バイオリン、どちらを学びたいですか?


雪も降り、これからもっと寒くなっていきますね。
雪の下では春の準備がされているなあと思うと
なんだか不思議な気持ちになります。

グループソルフェージュは楽器を習う前の助走ですが
その始めたい楽器は、もうお決まりでしょうか。

私の担当する大体の生徒さんは、
楽器を決めてからグループソルフェージュをされています。
今のところ、ピアノ予定の方とヴァイオリン予定の方がいらっしゃいます。

ピアノとヴァイオリン、二つともとても身近であり始めやすい楽器です。
ピアノとヴァイオリンの違いは多々ありますので、
グループソルフェージュでも、教え方に少し差異が出ます。

ピアノは叩けば一応正しい音が出ます。

ヴァイオリンは自分で正しい音を作らなければいけません。


また、ピアノは和音を奏で、伴奏をすることが出来ますが
ヴァイオリンは主に旋律を担当します。

この違いは大きいのです。
他にも多々あり、とてもここでは語り尽くせないですが
分かり易いことがひとつ。

それはヴァイオリンはヘ音記号を使わないということです。
ですので、ヴァイオリン予定の生徒さんには、低い音より高い音を重点的に学んでいただいています。
こういった指導が出来るのも少人数制ならではかなと感じています。

水曜日・木曜日午前中に、自由が丘教室にて
グループソルフェージュの指導を行っております。
桃子講師のコラム(ピアニスト 桐朋卒)

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.