ピアノという習い事ー12歳までの子どもに通わせると良い

東雪谷教室で、ピアノ指導をされている亜紀先生が、興味深いコラムを書かれたので
本ホームページでも紹介をさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、あるテレビ番組で、脳科学者が12歳までの子供に通わせるとよい、と考える習い事の
1位に「ピアノ」が挙げられていたそうです。

今回の番組のことは、人からの聞き伝えのため、内容が忠実・正確ではないかもしれず、
大変申し訳ございませんが、おおむね、下記の様なことがその利点としまして、
注目されていたとのことです・・・。

・普段の日常生活ではなかなか使う機会がない小指を使うことを含め、左右の指•手•右足などを
 ばらばらに動かすことにより、前頭前野が活性化し、同時処理能力などが高まるそうです。
 例)授業を聞きながら、ノートを取るなど...

・発表会の意義...決められた日時に向けて、一生懸命、自分なりに努力を重ね、その時だけは、
 いつも寄り添ってくださる親御さんの手を離れ、皆に注目されている舞台に一人で出て行き、
 緊張していたとしても、何とか一曲、弾く・・・という発表会でございますが・・・脳には、非常に
 よい影響•刺激となる様なのです。

今回の番組に出演された(?)脳科学者11人全員が「ピアノ」を挙げていたそうで、中には
「習い事はピアノだけでよい」とまでおっしゃる方もいらっしゃるとか・・・。

さて、上記の様な視点に加えまして、たとえば、五感が磨かれたり、
ピアノ以外の勉強・仕事なでにおきましても、
集中力が高まったり、聴力を鍛錬することで、人の話をよく聞くことができる様になったり、また、
心理・精神面でも落ち着き、思慮深さが身に付く等など・・・
ご年齢を問わず、ピアノを習うことによって、お一人お一人それぞれの感じ方で、
より充実した、穏やかで豊かな、潤いのある日々を生きることにつながる、
多種多様な良い点が、ここにはあげきれない程、あるのではないかと思います。

また、”音楽”と大きく捉えますと、さらにそれが、
私たちにもたらしてくれるものの貴さは、計り知れませんが・・・、
前述の科学的裏付けから、あれこれと思いを巡らしてみましても、将来、音楽の道に進む・進まないに
かかわらず、未知の可能性を秘めたお子様にとりまして、ピアノを習うことが、音楽以外の分野における、
様々な能力の発達をも、何らかのかたちで助け、ご自分で未来の生き方を選択する時には、
より幅広い、多くの選択肢を持っていられる、ということに多少なりとも、
関わってくる部分があるのかもしれない・・・というのも、
申し上げられないことではないのかなと考えております。

近年は、お子様の中には複数の習い事に通っていらっしゃる方も多く、
それはそれでよいことと思います。
是非、多忙なお子様方も、ご自身のペースを大切に、習い事のひとつとしてでも、
ピアノを楽しく長く、続けていただけたら・・・と願っております。

※亜紀先生は、東雪谷教室では月・火曜日にピアノの指導を
行っております。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.