⑤レッスンでの音楽交流・社会と繋がる-声楽・ピアノ指導 加並先生のコラム

「中年期、高年期を音楽と共に過ごす①~⑥」

⑤レッスンでの音楽交流・社会と繋がる

高齢化社会における音楽の役割の一つは、人や社会と繋がることではないでしょうか。
音楽を楽しみながら、高齢者の孤立化や認知症を予防できるのであれば
ぜひ積極的に音楽をご一緒する機会を持ちたいと思っております。



さて、教室では、シニアの生徒さん達が定期的に歌のレッスンに通って下さっています。
なるべく季節の歌を取り入れたりして
四季や、生活のリズムなども感じられればいいなと思いながらレッスンさせて頂いております。
以前、その中のお一人から嬉しいお言葉を頂いた事があります。
教室の発表会で歌った曲を、地域の集まりの会で、みなさんの前で披露されたそうなのです。
また、その後もそのような機会があればご参加され、楽しんでいらっしゃるそうです。
こんな風に、音楽を介して世界を広げていけるのは素敵だなと感じました。

高齢化社会というのは、とかく単身での生活になりがちですし、
気づけば地域の繋がりも希薄になり、社会的な孤立を招きやすいですよね。
何か行動を起こすにしても、新しい人間関係の構築はエネルギーを必要とするので
かなりの動機付けが必要になってくると思われます。

私は、そんな時が1番、音楽の出番ではないかと思うのです。
音楽を介した人との交流は、精神性に触れるところにあるので
繋がりのない人同士でも、溶け込みやすい状況ではないかなと感じています。



教室では日々のレッスンを楽しむことのほかに、
年に1~2度の練習会、そして2年に1度は発表会が開催されます。
人前で演奏することは緊張するかもしれませんが
自己のアイデンティティを再認識するキッカケになるかもしれませんし、
他の人の歌声を聴いて色々な気持ちが湧いてくるのも良い刺激になります。
そんな風にみんなで音楽を共有することにより、一体感や安心感を得ることができたら、
もっと世界を広げていく糸口になるのではないでしょうか。

高齢化社会における音楽の役割。
私にも、もっと出来ることがあると信じて、
これからも行動し、考え続けていきたいと思います。


高齢化社会に向けて私が音楽で出来ること
本教室 筆者: 国立音楽大学卒 加並先生
--------------------------------------------------------------------------------

「中年期、高年期を音楽と共に過ごす」 

目次

好きな音楽に触れる・自分らしく生きるQOL(クオリティ・オブ・ライフ)←クリックお願いします

音楽が呼び覚ます昔の情景・生きる勇気←クリックお願いします

五感を使って認知症予防・脳を活性化←クリックお願いします

認知症の方と音楽で触れ合う体験・相互理解←クリックお願いします

⑤レッスンでの音楽交流・社会と繋がる(本コラム)

⑥誰もが人生の終末に向かう・心の支えを獲得する(執筆中)

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.