祐子先生の紹介-大変素敵な先生ですー出張レッスン可

〈5月15日 コラム  ラヴェルについて〉

 5月に入り、湿気も出てきて急に蒸し暑くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか。

 私は只今、6月4日に行われる麻生市民館でのコンサートに向けて、ラヴェルの作品を勉強中です。
今回のコラムでは、作曲家ラヴェルについてお話しをさせて頂きたく存じます。

 モーリス・ラヴェル(1875-1937)はフランス人の作曲家で、
ボレロ等が有名です。「オーケストラの魔術師」と言われるほど、
優れた管弦楽法を駆使し数多くのオーケストラ作品を残しました。
ちなみに、ムソルグスキー作曲のピアノ曲《展覧会の絵》は、
ラヴェルがオーケストラ用に編曲した事で一躍有名になったと言われています。

 ラヴェルは、自分で作曲したピアノ曲をオーケストラ用にも編曲しています。
亡き王女のためのパヴァーヌ、道化師の朝の歌、クープランの墓、マ・メール・ロワ 等、
どれも大変素敵な作品です。
 これは個人的な考えですが、もしラヴェルが画家だとしたら、
ピアノ曲というモノトーン細密画に色付けしてフルカラー絵画にしたものが、
オーケストラ作品なのではないか、と感じます。
一つ一つ音色の違う楽器たちが、まるで絵の具や色鉛筆のように思えてならないのです。
 
 ラヴェルのピアノ曲を弾くときにはやはり、
オーケストラ作品を聴いたり、スコアとピアノ譜を照らし合わせながら勉強する事が
大切ではないかと思います。
「ここはこういう楽器編成になっているのか」と新たな発見があり、
「フルートの様な透き通った音色を出そう」
「弦楽器のピチカートのようにピアノで演奏するにはどういう弾き方が良いか」などと
試行錯誤できるからです。

 例えば〈道化師の朝の歌〉のピアノ曲とオーケストラ曲では所々、
拍子や小節数が異なっています。
編成も、オーケストラスコアを見ると何種類もの楽器が折り重なっていて
「こんなに沢山の人々によって演奏される曲なのに、私は両手で軽々と弾いてしまって
申し訳ないな」という気持ちになります。
また、組曲《クープランの墓》の〈プレリュード〉では、
オーボエが旋律をほとんど担当しており、ずっと吹きっぱなしで疲れるそうです。
ピアノで演奏するときも、そんな過酷なオーボエの息継ぎやフレーズを考えながら弾こう、と思います。
 
 ラヴェルはピアノ曲やオーケストラ作品以外にも、
室内楽やオペラなど様々なジャンルの作品を書いています。
CDやYoutubeからも魅力的な曲にたくさん出会えると思いますので
、聴き比べてみては如何でしょうか。
ラヴェルの響きは透明感があり涼しげなので、今の季節に丁度良いかも知れません。
 
 それでは、また次回のコラムでお会いいたしましょう♪
季節の変わり目、どうぞお身体に気をつけてお過ごし下さい。

祐子先生
出張レッスン可能日(月曜)

5月23・30日  11時〜20時まで

6月6・13・20日 11時〜20時まで

※場所により時間変更可能。応相談
祐子先生の紹介



桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。
小谷初音、高柳朗子の各氏に師事。
在学中にB・リグット氏、M・ヴォスクレセンスキー氏の公開レッスンを受ける。
08年相模原音楽家連盟ピアニストオーディションに合格しソロリサイタルを行う。
同年東京国際芸術協会、国際芸術連盟の各オーディション奨励賞受賞、
新人演奏会及びジョイントコンサートに出演。09年第17回及川音楽事務所オーディション合格、
奨励賞受賞。 同事務所主催のコンサートに定期的に出演する傍ら、
合唱伴奏や室内楽・連弾等の活動を精力的に行なっている。


祐子先生の紹介より

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.