哲也先生からのお願いー(たあめ君ばんざい!!)

水曜日自由が丘教室でレッスンをしています。哲也です。

久々のたあめくんです。バンザイして寝ています。
哲也先生!cid_ii_io7c3cok0_154affa6c9da60ae

先日恩師のコンサートに行ってきました。「オールモーツァルト」のプログラムでの
ピアノリサイタルでした。
まだまだ知らない曲があったり、新たな魅力を気付かされたりなどで、
大変勉強になりました。ずっとモーツァルトなのに飽きのこない2時間でした。

これまた自分がよく生徒にいうことなのですが
「初めてこの曲を聞いた人が、(良い曲だな〜)って思うように弾いて!」
と言います。それできたら、それはきっと最高の演奏ですよね。
って結局自分にも言い聞かせて、私も練習するのでした。

私が今取り組んでいる作品はドビュッシーの練習曲。
この練習曲には「指番号(指使い)」が一切書いてありません。
なぜなら、ドビュッシーは「指使いは自分で探すこと」と書いており、
楽譜には運指は一切書かなかったとか。

楽譜から音楽を読み取り、その音楽に沿って弾きやすいように自分だけの指使いを作っていきます。
この試行錯誤の作業が大変、、、ですが同時にとても楽しいのです。
「ドビュッシーの世界」を自分の方法でもって作りげていく感があるというか、
ドビュッシーと自分が共同作業をしているような感じです(笑)

さてドビュッシーでなくても指使いはとても大切です。
ピアノ曲は音がたくさんあるけど、指は10本しかありません。 
音楽をスムーズに奏でるためにも、いかに指使いが大事かおわかりかと思います。  
たまに、手のひらが裏返っていたり、指がひっくり返っちゃってたり、
スラーが書いてあるフレーズにもかかわらず同じ指で連打して弾いている生徒さんがいたりいます。 
「あ自分だ」とふと思った人たちは、指使い見直してみて下さい。 

哲也先生からのお願いでした。

水曜日 自由が丘教室 哲也先生は
若干空きがございます♪

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.