祐子先生ー音楽を続けることの素晴らしさー大変素敵な出張レッスン指導者です

〈コラム  音楽を続ける事の素晴らしさ〉

こんにちは、出張ピアノレッスン担当の祐子です。

 私がピアノ伴奏でお世話になっている合唱団があるのですが、
そこは約30年前にママさんコーラスから始まった女声合唱団です。
メンバーは平均70歳代で、お若い頃からずっと歌い続けられている元気いっぱいな方ばかりです。
ほぼ毎回練習に参加され、大変勉強熱心です。
 そんな彼女たちは日常生活においても明るくパワフルです。
早朝からウォーキングされたり、お孫さんのお世話に勤しんだり。
常に前向きで表情がキラキラ輝いています。
 
メンバーの或る方がこう仰っていました。
歌を歌うという事が、日々の原動力になっている。正直疲れる日もあるけれど、
行くべき所があるからこそ前向きになれる。音楽を続けて良かった


  音楽には、生きる喜びを与えてくれる不思議な力があると思います。
それ自体に形はありませんが、音楽は喜怒哀楽・憧れ・情熱といった様々な感情をもたらしてくれます。
良い音楽に感動した時と、食べ物が美味しいと感じた時、
人間の脳は全く同じ場所が反応するそうです。驚きですね!

 何かしら音楽を始めてみたいけれど、近くにお教室が無かったり、
何らかの理由でお教室に通う事が難しい方、ご高齢の方も、どうぞご安心ください。
こちらは出張ピアノ講師として、外出が困難な方のお宅に伺い、
丁寧にレッスンさせて頂きます。微力ながらお役に立てれば幸いに存じます。

 ピアノは左右両方の指をまんべんなく動かす事ができ、とても健康に良い楽器です。
指先には様々なツボや神経が通っていますので、そこを刺激してあげると
全身の血の巡りが良くなり脳が活性化されます。結果、記憶力もアップし、
若返りも期待できるかも知れません。

 また、何かを「練習する」という行為は、時間を有効に使うきっかけにもなります。
一日のうちどれだけ練習しようか、とスケジュール計画を立てる習慣が生まれます。
 発表会があるとそれなりに緊張しますね。
でも人間は、適度なストレスを与えられたほうが元気でいられるのだそうです。

 「音楽」を続ける事で毎日が生き生きとしたものになれば良いなと思います。

祐子先生ー6月の出張レッスン可能日(月曜日)
 6・13・20日 11時~20時
※お時間はご相談を承ります。

 祐子先生の紹介



桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。
小谷初音、高柳朗子の各氏に師事。
在学中にB・リグット氏、M・ヴォスクレセンスキー氏の公開レッスンを受ける。
08年相模原音楽家連盟ピアニストオーディションに合格しソロリサイタルを行う。
同年東京国際芸術協会、国際芸術連盟の各オーディション奨励賞受賞、
新人演奏会及びジョイントコンサートに出演。09年第17回及川音楽事務所オーディション合格、
奨励賞受賞。 同事務所主催のコンサートに定期的に出演する傍ら、
合唱伴奏や室内楽・連弾等の活動を精力的に行なっている。


祐子先生の紹介より

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.