素晴らしい先生です

 寒くなり、紅葉も進んでまいりました。11月は芸術の秋と言われますね。
皆様はどのような芸術に触れられましたか?

こちらは有り難いことに演奏の機会を沢山与えて頂き、忙しいながらも充実した秋を過ごしております。
 つい最近は合唱の定期演奏会があり、私はピアノ伴奏を担当いたしました。

今回の演奏プログラムは幅広いジャンルだったため合わせ練習はハードでしたが、
なんとか無事終えることが出来ほっとしております。
 伴奏は、一人で音楽を作り上げるピアノソロと少し違い、
指揮者や歌の呼吸に合わせて弾く必要があります。
また、歌い手や奏者が少ない伴奏のときは“いかに弱い音で
美しくピアノを奏でられるか”が重要になってきます。大変繊細なタッチが求られるので、
このような勉強ができる事に感謝しつつ伴奏をさせていただいております。
 弱い音を美しく響かせることは、もちろんピアノソロでも重要なことです。
f(フォルテ)とp(ピアノ)の差があればあるほど、演奏がより深く立体的に聴こえるからです。
特に手の小さい女性は、フォルテを力任せに弾くと体力的に限界があり、手を壊しかねません。

「これ以上強い音が出せない、どうしよう!」という時はちょっと視点を変えて、
美しいピアニッシモを奏でる練習をおすすめいたします。
小さい音が出せるようになると耳の錯覚で強弱の幅が広くなり、
それほど強くないフォルテでも迫力満点に聞こえます。
体に無理のない範囲で強い音を鳴らせるので一石二鳥かと思います。

 それに、弱い音が奏でられるようになると、本番でも自然とリラックスできるような気がします。
心身共に優しい「ピアニッシモの練習」を、取り入れてみてはいかがでしょうか。

祐子先生の紹介
出張レッスン可能でございまして、
曜日・時間帯はご相談に応じて調整させていただきます。
お気軽にご相談くださいませ。
 


桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。
小谷初音、高柳朗子の各氏に師事。
在学中にB・リグット氏、M・ヴォスクレセンスキー氏の公開レッスンを受ける。
08年相模原音楽家連盟ピアニストオーディションに合格しソロリサイタルを行う。
同年東京国際芸術協会、国際芸術連盟の各オーディション奨励賞受賞、
新人演奏会及びジョイントコンサートに出演。09年第17回及川音楽事務所オーディション合格、
奨励賞受賞。 同事務所主催のコンサートに定期的に出演する傍ら、
合唱伴奏や室内楽・連弾等の活動を精力的に行なっている。


祐子先生の紹介より

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
プロフィール

桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘

Author:桐友会 目黒区 世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘 奥沢 大岡山 洗足 緑が丘 武蔵小山 ピアノ教室 自由が丘
※当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無 断掲載を禁じます。
Copyright 2007 Friendly piano school.
All Rights Reserved.